スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<TUG>SECOND lab. ~生~開催します

11-22,2012

M.I.F.が参加している演劇・音楽・映画のコラボイベント<TUG>の2回目が開催されます。
M.I.F.製作映画(監督/清水雅人)も上映します。ぜひどうぞ。



<TUG> (Toyota Underground Gallery) SECOND lab.~生~
【日時】
 12月14日(金) 18:30open / 19:00start (前夜祭)
 12月15日(土) 17:30open / 18:00start (本公演)
 12月16日(日) 15:30open / 16:00start (本公演)

【場所】
 豊田市民ギャラリー(豊田市西町5‐5 [VITS豊田タウン地下1階] ) [ 地図 ]
 名鉄豊田市駅下車徒歩3分 フリーパキング3時間無料 TEL 0565-33-2112

【入場料】  前売・当日とも全席自由 対象年齢15歳以上(中学生を除く)
 12月14日(前夜祭)・・・無料
 12月15・16日(本公演)・・・500円

【チケット販売場所】 <TUG>でチケット予約可能
 T-FACE B館2Fインフォメーション(名鉄豊田市駅前)
 豊田市役所文化振興課(豊田市西町3-60) 豊田市役所西庁舎8F TEL0565-34-6631
 豊田市民文化会館(豊田市小坂町2-100) TEL0565-33-7111

【内容】
時はバブル崩壊前夜、死ぬ程ないものねだりを追求した男と徹底的に欲しいものを手に入れる女が、海の底でヘドロのような愛に辿り着く青春の記録。

福岡で上演され好評を博したふたり芝居「生獣」[作:重松輝紀(バカダミアン)]をベースに、登場人物アンとジョーが出演するオリジナルストーリーを映画で追加。時代設定をバブル崩壊前夜とする新しい解釈のもと、生演奏によるヒットメドレーが加わり、1本の作品となる予定。
また、公演会場は座席にかしこまって座って見るのではなく、複数の舞台、飲食自由(販売します)のライブハウス形態となっています。
新しい試みに、ぜひお立ち寄りください。


演劇 『生獣(なまけもの)』
PiNchi×CaRuta(ペンチカルタ)
出演/加東サユミ 古場尚雅
作/重松輝紀 演出/古場尚雅
「俺のラッキーにアンをつけてくれる、かけがえのない存在だからな」この世のすべてを手に入れた男が最後に欲したのは世界一のサゲマン女だった。
「私はそんなお人好しじゃないさ。欲しいものは自分の手を汚してでも手に入れる人間だ。殺るぞ」野を獣のように生き抜いた女が最後に欲したのは世界一役立たずの男だった。
女は男を殺すことで生かし男は女を殺すことで生かした。
二人は海の底でヘドロのような愛にたどり着く。そんな青春の記録。

映画 『Live or Rubber 生かゴムか』
出演/加東サユミ 古場尚雅 ほか
監督・脚本/清水雅人 製作/M.I.F.
男と女は出会った、そして映画を撮った、人生という名の映画を。
どこまでが夢でどこまでが現実か? どこまでが映画でどこまでが演劇か? どこまでが本気でどこまでが冗談か?
芝居「生獣(なまけもの)」にインスパイアを受け、生でない映画で何ができるのかを追求した現代のアングラ・サイレント・ミュージカル・純愛ストーリー。

音楽 『バブル崩壊前夜ヒットメドレーライブ』
演奏/和香&隆
そして、このヘドロのような純愛ストーリーを彩るのは、バブル崩壊前夜、80年代末~90年代初頭の甘いヒット曲たち。
和香&隆のアコースティックな音色が過激な芝居・映画に合うのか、合わないのか。意外としっくりくるのか、逆にアリなのか・・・。

※上記内容の本公演は、12月15日(土)・16日(日)となります。
12月14日(金)は、本公演を楽しむためのライブ&トークセッション(無料)を開催します。

詳しくは<TUG>サイトをご覧ください。
チケットのサイト予約も受け付けています。


関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。