スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元パーティ 小坂本町一丁目クリエイト

02-01,2013

 2月10日(日)に開催の「小坂本町一丁目映画祭Vol.11」のプレ企画として、1週間前の2月3日(日)に、地元で映画づくりをしているクリエーターが集まる交流会を開催します。
 開催まであと2日となりましたので、詳細をお知らせします。

小坂本町一丁目クリエイト地元パーティ
日時:2013年2月3日(日)14:00~18:00
場所:とよた市民活動センター
(名鉄豊田市駅前松坂屋上階)[地図]
内容:
第1部/
地元映画クリエーター座談会
愛知・三河周辺で映画づくりをされているクリエーターが、地元での映画づくりについて、ネットワークについて語り合います。
参加者:加藤行延(碧海市民映画『いつか見た夏の日』監督、チャンネルDaichi理事長)
林一嘉(『岸部町奇談~探訪編~』『ローン・チャレンジャー』監督)
高須健一(大須映画祭ディレクター)
堂山紗苗(名古屋学芸大学メディア造形学部)
コーディネーター:清水雅人(M.I.F.代表)

第2部/愛知学生映画サミット
昨年秋開催された大須映画祭にて立ち上がった、あいちの学生たちで大須を舞台に映画製作するプロジェクトの第2回を開催します。
今年の秋の大須映画祭で上映予定の「大須商店街物語(仮)」のシナリオについて、第1部参加者やご来場のみなさんも交えてディスカションします。

第3部/パーティ
参加者、来場者の交流会を同会場にて開催します。お菓子とジュースで。
パーティ参加費:200円(お菓子ジュース代)
※特に参加について事前予約の必要はありません。興味のある方は当日会場にお越し下さい。

 どうぞ、みなさんふるってご参加ください。クリエーターじゃなくても、映画、映画作りに興味のある方大歓迎です。
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。